カラコンは高度医療機器である

カラコンが高度管理医療機器の理由

カラコンが高度管理医療機器の理由 カラコンは度入りと度なしがありますが、多くの場合はおしゃれ目的で使います。普段度入りのコンタクトをしている人も、カラコンの度入りを使えば視界を確保しつつ、瞳の色を変えて印象を変える事ができます。気軽に楽しめるおしゃれアイテムとして人気もありますが、カラコンは高度管理医療機器である事を忘れてはいけません。高度管理医療機器というのは、人体に使用した時、正しい使い方をしないと重大な影響を与える可能性がある物が指定されています。

これは厚生労働省が定めた規定で、高度管理医療機器として扱うよう決められています。以前はカラコンを高度管理医療機器とはしていませんでしたが、おしゃれ目的で使う人が増加し、正しい知識を持たずに使う事が多く、目の病気やトラブルが多発しました。これを受け厚生労働省が、直接目に装着するという意味ではコンタクトと同じなため、高度管理医療機器として扱うようになったのです。使用目的がファッションやおしゃれのためでも、カラコンが高度管理医療機器である事には変わりないので、安全性の高い物を選び、正しく使う事が大切です。

カラコンやフチアリのコンタクトが注目され始めた当初は、雑貨屋や化粧品売り場などでも手軽に購入できました。今まで眼科で検査し処方などされたことのない、初めてコンタクトを使用する人が、度なしのカラコンをアクセサリー感覚で使うことが多かったのです。しかし度なしでもカラコンは目に直接装着して使いますから、雑菌がついた手で装着すれば、レンズに雑菌が付着してそれが目にも広がります。コンタクトには、食品と同じように使用期限があります。しかし、それを知らない人が、1日期限のものを長期にわたり使用するなど、就寝時にもカラコンをつけたままなどの使用用法が守られていなかったことなどから目の病気がトラブルが多発しました。

カラコンもコンタクト同様、目に直接装着して使う物ですから、正しい使い方を覚えてもらうようにという目的で、平成21年11月4日からカラコンも高度管理医療機器に指定されました。これを受けカラコンの製造や輸入をする業者は厚生労働大臣の許可が必要で、販売する場合も都道府県知事の許可が必要となっています。

ネットでもカラコンを販売していますが、たとえネットであってもカラコンを販売するのは許可が必要ですから、厚生労働省の許可を受けているかどうかを確認しておきましょう。許可を受けているサイトなら安心ですが、許可を受けていないところは粗悪品を販売している可能性があるので、避けておいたほうがいいかもしれません。カラコンが高度管理医療機器である以上、初めて購入する場合は眼科に行き検査を受け処方箋をもらってから買う事をおすすめします。フォーチュンコンタクト

最新記事